ごきげんでいること

いつもごきげんでいられるように。 大事にしていること、シンプルな暮らし、国際結婚などについて書いています。

秒で売れる「メルカリ」がこわかった・・

 

節約もですが、なぜか片付けも子供の頃から大好きな私。

 

家事が好きなわけじゃないと思うのですが、休みの日に洗濯や掃除をして、適当な料理を作ってゆっくり食べたり、美味しいコーヒーを飲んだり、半身浴をしたり。

 

スッキリと片付いた空間で、好きなことをするのがとても好きです。

 

 

あまり物を買わないし、読んだ本などもまとめて売ったりするので、家の中の物が増えることもなく、友人はいつも私の家を「何もない・・」と言います^^;

あるんですよ、洗濯機も冷蔵庫もベッドもテーブルもソファも。

 

ごちゃごちゃしているのは嫌なので、すっきりシンプルなだけで。

まぁ、「最低限やん」とか「食器こんだけ??」とか言われるので、もう少しモノがあってもいいのかもしれませんが。

 

 

そんな私、今まで何かを処分する時は、家電を買う時に古いものを引き取ってもらったり、バッグなどはリサイクルの店舗へ持って行ったり、本は昔は古本屋さんに持ち込み、今はネットの買取で済ませたり。

 

それが、今回初めて「メルカリ」を使ってみたのです。

 

前から名前や内容は知っていたのですが、もうずいぶん前にスポーツ用品の処分やハンドメイドの作品をヤフオクで売ったことがあるくらいで、特にメルカリを必要とすることもなく。

 

そんな私が先日、なんとなく、「そうだ、メルカリをやってみよう。」と。

 

アプリの操作などは問題なくできるので、ササっと登録してみました。

 

 

そして、いくつか出品してみたら。

 

1つ目を出品して、続けて出品しようとしていた時に、もう1つ目のものが売れていました。

 

「ん?何だろうお知らせがきた・・ちょっと待ってね、今2つ目を出品しようと。」

 

「えっ??何??1つ目が売れたの?え今?え何秒で? うそやだこわ・・」

 

と。嬉しいし有難いけれど、その速さにこわくなってしまいましたw

 

 

カテゴリにもよるのかもしれませんが、この時は「本」。

3冊が、1分たたないくらいで売れました。

 

家の中で、私が誰にも言わずに本を整理していて、1冊目を玄関先に出して、2冊目を取りに行って玄関先に出そうとしたら、もう1冊目の本を持った人が立っていて、「はいお支払い。」とお金を手渡され、ビックリしてこわくなったような、そんな感じでした。

もしかしてずっとここにいたのですか?私が本を今出すのを知っていたのですか?

メルカリで検索条件を保存していて、その本が出品された瞬間に、秒で買えるってほんとに偶然ですか?

なんて、いろいろ思ってしまいました。

 

 

その後、いいねやコメントを頂いてもまだ売れていないものもあるので、こわくなくなったのですが^^

 

 

これまでに仕事でヤフーやアマゾンや楽天に出店したこともあるのですが、メルカリの集客ってすごいんですね。

私が出品するようなものは、5~400人の方が見てくれているようなのですが、もっと希少価値のあるようなものだと、驚くような数の人が見てあっという間に購入されるんだろうなと、なんだかすごいシステムだなと思いました。

 

出品もですが、購入(ポイントで)も楽しいです♪

 

なぜ女はメルカリに、男はヤフオクに惹かれるのか? アマゾンに勝つ! 日本企業のすごいマーケティング (光文社新書)

新品価格
¥1,100から
(2019/10/16 15:00時点)