ごきげんでいること

いつもごきげんでいられるように。 大事にしていること、シンプルな暮らし、国際結婚などについて書いています。

雇われる側と、雇う側


f:id:MAGJAPAN:20190722220843j:image

 

用事で出かけた帰りに、お腹が空いて。

 

節約生活から、「めっちゃ節約生活」になっている私w

 

 

たまの贅沢で楽しみだったランチにも行かなくなりました。

梅雨が明けてから大阪はとても暑くなり、出かけたくないのもあるけれど

 

 

この日は用事だけ済ませて帰ろうと思っていたのですが、ついでに寄ったお店でなぜかそのお店の経営者の方と仕事の話になり。

 

そのあと急にお腹が空いて、写真のカレーパンとチーズパンを食べながらアイスコーヒーを飲みました。 美味しかったです♪

 

 

たまたま会った経営者の方と話したこと ↓ ↓

 

・雇われる側と、雇う側の、立場や考え方

・経営者(その人)が求める人材は、どの求人媒体に載せればいいか

・どうすれば今のお店を任せられる人を採用して育てられるか(自分は次の店舗をオープンし、また任せる予定)

 

 

私は、

・雇われる側は、安く会社側に都合よく「働かされている」と感じやすい

 

雇う側は、売り上げがたくさんあるように見えても、店舗の家賃や光熱費や備品、集客にかける費用、何より大きな人件費にお金がかかり、次の店舗の初期費用どころか借り入れの返済もあり、経営者の収入がスタッフより少ないこともあるくらいで、休みもない

 

でも、そんなことを考えるスタッフはいないと思う

そんな人なら、自分でやるか、会社に利用されながら自分も会社を利用して、うまく働いていると思う

 

まとめ → 雇われる側と、雇う側の、立場や考え方を共有するのは難しいと思う

 

 

・経営者が求めている人材は、専門のエージェントに依頼するのが、結果一番安く手間もかからず求める人に会えるかも

 

経験者が欲しいのに、初心者歓迎が多く応募者にとって敷居の低い求人に載せない

本人が望んでいて、技術があり指導ができるか、管理や経営ができるか、もっと絞った中から一緒にやってみたいとお互いに思う人を、安く雇わない

 

まとめ → 幅広くスタッフ募集せず、専門的な求人媒体にのみ載せ、エージェントにも依頼してみる

 

 

・お店を任せられ「そうな」人を採用してみる

経営者が、人として魅力があり、誠実で、誰よりも仕事をして、お客様もスタッフも会社も大事という姿勢を見せる

会社の経営状態も見せ、どうすればもっとよくなるかスタッフにも意見を聞く

経営者自身が幸せになる

 

まとめ → 経営者が幸せで、能力もあり、スタッフがそばにいたいと思うほど魅力的になる

 

 

ってか。

その日初めて、偶然会った人と。なんでこんな話をしているんだろう、私。

 

 

 

でも、私のような人に「あなたはどう思うか」なんて聞く、社長さんって面白いです。

 

私はこれまで、正社員や派遣やアルバイトや個人事業主として働いてきましたが、誰かを雇ったことは一度もなく(それが一番苦手だと思っています)、経営について何の経験もありませんが、自分が勤めていた会社の社長や、なぜかよく出会う経営者の方から意見を聞かれます。

 

雇う側は、雇われる側の、本音を聞きたいと思っているのかもしれません。

 

 

私はいつも、自分が「働かせてもらっている」会社の社長や役員の方に意見を聞かれると、

「私は、この会社のここがいいと思っていますが、こういうところは残念に思っています。」

と。

正直に言ってしまい、相手は笑ってしまいますが、その部下である部長や工場長などにめちゃめちゃ怒られることがあります。

 

ですが、その後は部長や工場長まで「まぐ君はどう思う?」と聞いてきては笑い、なぜかかわいがってもらえます。

 

 

雇う側の方、私みたいな人の考え方が楽しいなら、いつでも聞いてください♡

そんなに怒らずにw