ごきげん。 大阪市内2人で一ヶ月15万円生活に挑戦中!

節約生活を楽しく過ごす日々を書いています。アラフォーで母と2人暮らし、国際結婚(別居婚)しています。

「INTJの女性」が、気持ち悪いほど私だった

 

www.au79.work

 

 

私はよく自分のことを考えていて。

 

自分の「今の状況」や、「今後の理想」と、「現実」など。

 

 

これまで勤務先で業務の適正診断のようなものを受けたことがありますが、それより、「自分はどういう人間なのか」を知りたくて、子供の頃から心理学にも興味を持っていました。

今も、「今の自分はどうなのか」と、MBTIを定期的に利用しています。

 

 

もちろん結果を参考にする程度なのですが、現在、今の状況では明るい未来が見えず、「将来のために今どうするか」を決めかねていて、

 

 

www.16personalities.com

 

 

久しぶりにMBTIをしてみたのですが、結果はやはり「INTJ」でした。

 

 

そして今回、人口に占める割合がとても少ないと聞いていた「INTJの女性」というキーワードで検索したところ、この記事の最初に貼ってあるリンクのサイトを見つけ、読んでみると・・

 

 

本当に気持ち悪いくらい、私自身の事が書かれていました。

 

 

子供の頃から人と合わないことを疑問に思っていて、とても生きづらく感じていましたが、「あ~。」と納得しました。

 

 

書かれていたこと ↓ ↓(この記事の初めに貼ってあるリンクのサイトから引用)

 

・一般的な女性の典型ではない

・最も希少な人格タイプ

 

・灰色または黒の服が私的な服装規定(私はグレーと紺)、化粧は最小限、何をいつ着るかの工程がある

・買い物はチェックリストを持って1人でする

・仕事と学校は社会行事ではない

・怖いと言われる

 

などなど。

 

 

読んでいてゾッとしたのですが、そのあと笑ってしまいました。

 

 

日本では「カウンセリング」と聞くとマイナスなイメージを持つと思いますが、アメリカでは気軽に受けると聞いたこともあり、私もこういう気質の自分を受け入れて、こらからの仕事や環境についてアドバイスを受けてみるのもいいかもしれません。

あ。アドバイスだと「コーチング」でしょうか。

 

 

ameblo.jp

 

コーチングと言えば、この方のブログを読んでしまう私。

一度セミナーに行ってみようかしら。。